ネットショップの集客ブログ記事を外注化する際のコツ

スポンサーリンク


こんにちは、ヒロスケです。

ここのところ、ネットショップの集客用のブログを作成しています。このブログや、いくつかの集客ブログについては自分で記事を作成しているのですが、数が増えてくるにつれて更新するのが大変になってきました(*´-ω-`)

思い入れのある内容であれば、スラスラ記事も書けるのですが、中にはそうでないブログもあり、今後は集客ブログ記事の外注化をどんどん進めようと考えています。

ネットショップの集客ブログ記事を外注化する際のコツ

ネットショップの集客ブログ記事を外注化する際のコツ

昨日、新しいショップ用の集客ブログを作成するためブログ記事を外注したところ、これまでにない良いライターに出会えました。今までも何人かのライターさんに依頼をしてきましたが、その中でも断トツに安い価格で良い記事を書いてくれます。過去の人選の仕方と何が違ったのか考えてみて、行き着いたのは下記の2点でした。
 
 ① 新規登録で実績のない人をあえて選んだ
 ② 題材に対する知識や情熱があることを最重要視した
 
①については最近どこかのサイトでみた「ブログ記事を外注する際のコツ」みたいな内容をそのまま実践したものです。新規登録後間もない方というのは、実績を早くつけたいため、安い価格で請け負ってくれる傾向があります。これまで、面識のない方に仕事依頼するのが不安で実績や評価を基準に人選を行っていたのですが、今回は少し冒険してみました。たまたま人が良かったのかもしれませんが、確かに、安い価格・良い条件で快く引き受けてくれました。

②についても、肩書きや過去の評価でなく、ブログの題材が好きか、豊富な実体験があるかどうかで判断しました。自分自身、好きなものでないと良い文章が書けませんし、実体験に基づかないブログ等は見ていても面白くないと感じるようになったからです。今回依頼した方は上記を満たしていたので、結果的に、良い記事と大量の写真や動画など+aの納品をしていただくことができました。

もしかすると今回たまたま良かっただけかもしれません。ただ、こういった集客ブログの記事外注などは「人選が全て」です。これまで、実績のある人に任せておけばいいだろうという考えで、あまり人選の仕方に時間を割いていませんでしたが、色々と考えさせられました。上記①の基準には危ないところもあるので絶対正しいとは思いませんが、これから集客ブログ等の外注を考えているかたは、是非じっくりと人選に時間を割いてみてください。

ヒロスケは外注サイトで有名なクラウドワークスとランサーズを併用していますが、ライターの集まりやすさ、質ともにクラウドワークスがおすすめです。