ネットショップ作成の概要 | 個人でのネット販売の始め方

スポンサーリンク

ネットショップ作成の概要 | 個人でのネット販売の始め方

ネットショップ作成の概要 | 個人でのネット販売の始め方

ここでは、ネットショップ開業の全体の作業イメージをまとめます。

初心者の個人で、中小規模のショップ作成を想定しています。

はじめに

初心者にとって、ネットショップ作成はなんとなく難しく感じてしまいがちですが、シンプルなカートサービスを使えば実際は非常に簡単です。

無在庫で始めればお金もあまりかかりません。あまり身構えず、「失敗してもいいや」くらいの気持ちで挑戦するといいと思います。

全体の作業の流れ

個人でのネット販売の始め方の全体イメージです。

個人でのネット販売の始め方とネットショップの作成方法

1.計画:コンセプト、商材、集客方法の構想

まずはどのようにネットショップを作成・運営するのかを明確にします。

初心者はできればニッチな商品・ジャンルを選ぶのが良いです。ライバルの少ないジャンルであれば、集客がしやすくなり、店を早く軌道に乗せやすくなります。

集客方法は、SEO(Yahooなどの検索エンジンからの流入)、SNS、広告などがありますが、初心者がいきなり広告を打つのは赤字になりやすいのでおすすめしません。

2.仕入れ(有在庫の場合)

最初は無在庫で始めるか、ごく少量の在庫で始めることを強くお勧めします

ネットショップを作成していると、どんどん期待が膨らみ、つい勢いで多量の在庫を仕入れたくなります。しかし、いきなりドカッと売れることは稀なので、最初は慎重に始めた方が良いです。

まずは無在庫や小在庫で始め、売れることを確認してから徐々に在庫を増やしていくようにしましょう。ダンボールやプチプチ等の梱包材も同様です。

3.サイト作成

正直、無料もしくは安いカートサービスで十分です。作成も簡単で無駄な時間をとられません。店が軌道に乗って商品数が増えてきたら、必要に応じて有料のプランや高機能のカートサービスで拡大していくのが良いでしょう。

4.集客

重要なのはカートサービスの選択やショップのデザインよりも、集客です。一生懸命ネットショップを作っても、誰も見なければ絶対に売れません。逆に、集客さえできれば、サイトデザインは小汚くても普通に売れたりします。

王道のやり方としては、ブログを作成して商品の紹介等を行い、ネットショップに送客するなどの方法があげられます。

5.運営

普段の問い合わせ対応のほか、注文が入れば梱包・発送作業が必要です。無在庫販売の人は、注文後に仕入れをします。

その他、開業届、副業バレ対策などは別途記事で説明します。

とりあえずやってみる

個人でのネット販売の始め方の全体イメージについてご紹介しました。

無料カート+無在庫で始めれば、金銭的なリスクは非常に小さくてすみます。ネットショップの作成自体もカートサービスを使えば簡単なので、興味のある人は気楽に初めてみてはいかがでしょうか。

仮に失敗しても良い勉強になります^^;