売れるネットショップの商品選びと売り方

スポンサーリンク

ネットショップの商品選びと売り方 | 商材の仕入れと無在庫販売の方法

売れるネットショップの商品選びと売り方

ここでは、ネットショップの商品選びや売り方、仕入れ方法等についてまとめます。

正直、商材自体は何でも売れます。「売り方」が一番大事です。

商品選定の考え方

ネットショップ初心者が真っ先に悩んでしまうのは、「売れる商品は何か?」だと思います。私もそれを考え、腕組みしたまま何日も過ごした経験があります。結局、他店との価格競争等を考えるとどうしても行き詰まってしまい、結論が出せませんでした。

ネットショップの売れる商品選びと売り方

単純に「売れている商品」を探すのであれば、Amazonなど大手ショッピングサイトの売れ筋ランキングをチェックすれば済む話です。ただ、実際にその商品で商売をしようと考えた時には、注意しないといけない部分があります。

  • 多くの業者が群がる中、同じ商品を仕入れて勝負できるのか
  • 価格競争の激しい商売をやりたいのか
  • 「売れる商品」が変化していく中で、それをずっと追いかけ続けるのか

上記のような点について「自分はできる!」という人は、「売れている商品」を売るショップを始めたらいいと思います。ただ、そうでない場合には、別の考え方をする必要があります。

ニッチなジャンルで専門店化

価格競争から離れ、Amazonや楽天ではなく自分の店で商品を買ってもらう簡単な方法は、「ニッチな商材を選ぶこと」と「専門店化」です。

規模は小さくなりますが、これができると、世間一般で多く売れている商品でなくても売ることができるようになります。初心者が手堅く成果をあげたい場合には特におすすめです。

メリット1.他店との差別化

ニッチなジャンルで専門店化することで、他店との差が生まれ、ショップに存在意義が生まれます。

お客さんに、「この店なら自分が探しているものがある」と感じさせるとともに、商品説明を充実させることで信頼を得やすくなります。

メリット2.少ない在庫で始めやすい

少ない在庫で気軽に始めやすいのもメリットです。商品数が少なくとも、小さなジャンルの専門店であれば違和感はありません。

メリット3.SEO(検索順位対策)で有利

ニッチなジャンルに特化したネットショップにすることで、大手のライバルが減り、YahooやGoogle等で検索された時に上位表示しやすくなります。

検索順位で他店を上回っていれば、当然お客さんの訪問数も増え、売れるチャンスは広がります。

具体的な事例

ちょっと極端な例ですが、「アリを飼いたい」と思った時に、皆さんはどんなネットショップで買うでしょうか? 下記の2店舗を比べてみてください。

Amazonで飼育セットを買うという人もいると思いますが、私だったら専門のショップから買います。飼い方の情報や飼育セットの詳細な説明などが充実しているからです。専門店なので、疑問があってもサッと回答してくれそうな印象もあります。

「アリの飼育セットで稼げるのか?」という疑問があるかもしれませんが、あなどってはいけません。月間に検索される回数は「アリ 飼育」が1,300回、「アリ 飼育 セット」が390回となっており、検索上位を制圧すればそこそこ稼げると思います。

むしろ、このくらいニッチなジャンルの方が良いです。専門サイト化した時に、検索で上位に上げるのが非常に容易です。

仕入れ方法

商品の仕入れ方法には、下記のようなものがあります。

ネット卸業者を利用する

個人でも手軽にできる方法として、ネットの卸サービスを利用する方法があります。

NETSEA(ネッシー)が特に有名です。

メーカーや卸問屋に連絡する

ホームページで販売店を募集しているところもあります。また、様々な商品が展示される「ギフトショー」等に参加して、直接交渉をするのも方法です。

他店から購入

自分のネットショップよりも検索順位が低く、販売価格の安いショップがあれば、そこから仕入れてしまうことも可能です。

私は会社員時代に作ったネットショップで、下位サイトから200円で仕入れたものを、2個セットにして1,500円で販売したりしていました。

海外輸入

海外の方が安く購入できるものや、日本で販売していないものは輸入するのも良いでしょう。海外メーカーに直接連絡するほか、個人で簡単に購入できるのは下記のようなサービスです。

オリジナル商材の作成

自分で商品を作る他、工場に依頼して作成してもらう方法もあります。

無在庫販売

いきなり多量の在庫を抱えるのはおすすめしません。最初は無在庫販売から始めて、売れることが確認できてから、まとまった仕入れをするようにしていくと良いでしょう。

無在庫販売とは、在庫を持たず、お客さまから注文が入った後で仕入れを行う方法です。そのため、不良在庫を抱えて大きな損失を被るリスクを回避できます。

一方で、注文を受けてから発送までにかかる期間が長くなるため、早く商品が欲しいお客様からは敬遠されやすいというデメリットもあります。

最後に

商品選定は、ネットショップを始める時に特に悩む部分だと思います。じっくり考えて納得のいくものを選択するようにしましょう。

ただし、上述したように、「良い商品なら売れる」というわけではなく、重要なのは「売り方」です。専門店化するなどして、Amazon等の大手サイトにない強みを作ることが大切です。

コメント

  1. くっきー より:

    初めてのコメント失礼致します。
    現在40歳の無職・独身者です。
    いつも楽しくブログ拝見させていただいております。
    管理人様は、一流大学を卒業され大手銀行に就職と素晴らしい肩書をお持ちでありながら、起業という大きな決断をされた勇気と情熱に感銘を受けました。
    私は現40歳の独身者で、先月10年以上勤めた会社を自主退職し、今後はネット販売を営むことを強く志しております。
    在職時からネット販売には非常に興味があり、とは言えヤフオクやフリマアプリで私物を販売して小遣い稼ぎをする程度の経験しかございませんが、今後はネットショップを開設して本格的にネット販売を営む決意をしております。
    前職では、繊維製品の営業や生産管理及び物流など、企業へのリアル販売のみに従事しておりIT分野の知識に乏しく、ネット販売をするにあたっての専門的知識(HTML、SEO対策、リスティング広告など)が殆どありません。
    そういった状況の中、管理人様も言われているように、まずは取っ掛かりとして取扱商品に関して現在選定中です。
    やはり直接メーカーや製造元からの仕入が一番コストメリットと利益率が大きいと思っております。前職では衣料品を販売しておりましたので、当初はその方向で考えておりましたが、ネット販売において衣料品の参入障壁は非常に低く差別化が難しいカテゴリーと思い、何か他にニッチな商材がないかと考えております。
    既製品の販売だけでは、いずれ価格競争の果て疲弊する怖さもありますので、私も自社ブランド商品の生産も念頭にいれて考えております。
    そこで、管理人様もオリジナル商品の販売をされていますが、主にどのような商品を取り扱われているのですか?またどういった生産ラインを利用されているのでしょうか?
    海外生産ですとコストは抑えれる分ロットが大きく過剰在庫になったり、逆に国内生産の場合は小ロットでもコストが高くなったり。商品カテゴリーによっては金型から製造したりと非常にコストが高くなり、全体的にリスクが大きそうです。
    海外で人気のある商品をOEM生産して自社ブランドとして販売されているのでしょうか?
    もしよろしければ、ご教授いただければ幸いです!!

  2. ヒロスケ ヒロスケ より:

    ※ (直メールにて回答)