【中国仕入れ】各サイト特徴まとめ | アリエクスプレスを使った結果

こんにちは、ヒロスケです。

中国仕入れについて色々と景気のいい話を聞くので、試しに中国からものを買ってみることに。

質の悪い商品が届くなどのトラブルが多いことでも知られますが、想像以上にひどいオチになりました

アリババ、アリエクスプレス、タオバオ、天猫の特徴・違い

2014年9月、世界最大規模の上場で話題になったアリババグループですが、そのサービスには様々な種類があります。中でも代表的なアリババ、アリエクスプレス、タオバオ、天猫について、特徴をざっくりまとめてみます。

アリババ

  • 世界最大規模の企業間取引(B2B)サイト
  • 企業間取引のため、基本的に大ロットでの販売
  • ここに挙げた4つのサービスの中では一番安い

アリババ(日本語版サイト)

アリエクスプレス

  • アリババに比べ小口からの購入可、その分単価は高め
  • セラーとのやり取りは基本英語
  • クレジットカード決済可

アリエクスプレス

淘宝(タオバオ)

  • 中国最大の個人間取引(C2C)サイト
  • 日本でいうヤフオク的なもの
  • 「ないものはない」と言われるほど商品数が豊富
  • 品質や在庫数に関する不安大

天猫(Tmall)

  • 中国最大級の企業・個人間取引(B2C)サイト
  • 企業出店が原則のため、タオバオより品質等に関する信用度が高い
  • タオバオより割高になる商品も多い

アリエクスプレスで実際に仕入れをした結果

アリエクスプレスで中国仕入れ

上記を比較した結果、英語対応、小口対応可、クレカ決済OKということで、ハードルが低そうなアリエクスプレスを使用してみることに。

サイトを覗いてみるとどれも安い! もちろんアリババとかと比べると割高ではあるものの、それでも安い…。今回は何を買いたいわけでもないのでテキトーに絵を買うことにしました。

基本は英語ですが、普通のショッピングサイト感覚で購入できます。とりあえず3万円弱ほど購入 ↓
中国サイト:アリエクスプレスで仕入れ実践

心配なのは、中国仕入れでよく耳にする詐欺不良品。「500個買ったら490個違うものが入っていた」なんてこともざらのようです。セラーの評価をよくチェックしてから購入するのが大切ですね^^;

めちゃくちゃ汚れた商品が届いた

あまり期待はしていませんでしたが、到着した商品(絵)80枚を見てみると…。

何だか薄黒い液体汚れのようなものが不着し、ほとんどの絵が丸まって歪んでしまっていました。どういう扱いをしたらこんなことになるのでしょうか。

まぁでも、このくらいは全然想定の範囲内なので良しとします^^;

そもそも注文した商品と違う

問題だと感じたのは、そもそも注文した商品と違うものが届いていることです。

「絵」という意味では同じなのですが、頼んだ絵柄と全然違うので目を疑いました。

謝罪はない

さすがに、頼んだものと違う旨をメールで伝えてみると…。

「在庫がなかったので違うものを送りました。気に入ってくれると嬉しい。」との回答が!

てっきりミスに対する謝罪がくるものだと思っていたので、ちょっとビックリしました。そもそもわざとだったとは…。

支払いを拒むことも可能

アリエクスプレスにはエクスローという保障システム(商品到着後に商品を確認、購入者がOKを出して初めて代金支払いが行われる仕組み)があります。

面倒なので私はそのままOKしましたが、商品に問題がある場合には支払いを拒むことも可能なようです。

代行業者を通した方がいいかも

今回届いた商品はめちゃくちゃでしたが、相手も悪気がある様子ではなく、中国と日本の商売に対する根本的な考え方の違いを感じました。

専門の方にもアドバイスいただいていたのですが、少し大きな金額の仕入れをする場合は、信頼できる代行業者を使った方が良さそうです。もしくは、最初は少額でテスト仕入れをしてみて、信頼できる業者であることを確認してからまとめて仕入れるのが良いかもしれませんね。

非常に良い勉強になりました^^;

コメント