ネットショップとアフィリエイトの比較 どちらを始めるべき?

スポンサーリンク


こんにちは、ヒロスケです。

これまではネットショップ中心でやってきましたが、最近はアフィリエイトをチョロチョロと初めています。知れば知るほど、ネットショップをやってきたからこそ感じる「アフィリエイトの素晴らしさ」があります^^;

今回はネットショップとアフィリエイトの違いや、それぞれのメリット・デメリットについてまとめてみたいと思います。

※ そもそもアフィリエイトって何?という方はこちら

ネットショップ開業とアフィリエイトの比較 どちらを始めるべきか

f8d14720feea1a0e8f44b251fc0f821a_m

ネットビジネスとしてのメリットは共通

前提として、ネットショップ開業もアフィリエイトも、「ネットビジネス」としてのメリットは共通です。

  • 初期費用を抑えられる:
    実店舗を持つ必要がありません。

  • 場所的な制約がない:
    インターネットを活用することで好きな場所で仕事ができます。

  • 時間的な制約がない:
    好きな時に作業ができ、サイトは24時間働いてくれます。

リアルビジネスに比べて手軽に始められるので副業にも適しています。

ネットショップのメリット・デメリット

ヒロスケはサラリーマン時代に副業で始めたネットショップが、ネットビジネスの第一歩でした。

昔は若干ハードルが高いイメージがありましたが、最近はYahooショッピングや簡便的なカートサービスが充実してきたこともあり、格段に始めやすくなっています。

ネットショップ開業のメリットとデメリット比較

【ネットショップのメリット】

  • 好きな商品を売ることができる:
    アフィリエイトとの大きな違いとして、「売る商品が限定されない」という点が挙げられます。アフィリエイトで取り扱う商品は、ASP(アフィリエイトシステムの提供者)が提供するものに限られますが、ネットショップではそのようなことはありません。

  • レビューや感謝の声がダイレクトに届く:
    アフィリエイトと違い自分が直接の販売者になるので、お客様からの感謝の声やレビューがダイレクトに届きます。

    実際、私が運営しているネットショップにも、「どこにも売っていなかったので助かった」、「商品をイベントで使用して賞を受賞した」等の嬉しいメッセージが届きます。儲かる儲からない以上に、やりがいを感じる部分です。

  • ネットビジネスの中では堅実な印象:
    ネットビジネスに全く興味の無い人が、「アフィリエイト」や「ネットショップ」と聞いた場合、後者の方が恐らく印象がいいのではないでしょうか。在庫を持って取り組むイメージがあり、ネットビジネスの中では「地に足が付いた印象」があります(実際には無在庫ネットショップも多いのですが)。

    アフィリエイトでは中身のない粗悪なサイトが量産されてきたこともあり、「アフィカス」等の蔑称もありますが、ネットショップではあまり耳にしません。


無料でネットショップ作成

【ネットショップのデメリット】

ネットショップは仕入さえできれば、店を作ること自体は簡単です。
ただし、実店舗と同様に在庫管理やお客様対応、資金繰り等の苦労はあります。

  • 在庫を抱えるリスクがある:
    もちろん、初めは無在庫ネットショップとして運営することもできます。ただ、ある程度規模が大きくなった場合は特に、「完全に無在庫」というのは難しいです。

    ヒロスケも、以前開業したネットショップが売れず、在庫を抱えてしまっている状況です。在庫の詰まったダンボールの山を見る度にゲンナリします(›´ω`‹ ) 不良在庫は本当に最悪です。在庫がないだけでも「アフィリエイトって素晴らしい!」と言えます。

  • 発送が面倒:
    アフィリエイトと違い、お客様に直接商品を送らなくてはいけないので梱包・発送作業があります。薄利多売だと特に大変です。発送作業を外注することもできますが、その分利益は圧迫されます。仕入もそうですが、梱包費用等の諸経費はやはりアフィリエイトに比べて多いです。

  • 在庫管理やお客様対応が必要:
    在庫管理やお客様からのお問い合わせ対応、返品、クレーム対応等、諸々の業務が発生します。店が大きくなればなるほど業務量は増えていきます。

アフィリエイトのメリット・デメリット

アフィリエイトのメリットとデメリット比較

【アフィリエイトのメリット】

  • 在庫を持たなくて良い:
    これがアフィリエイトの最も良いところでしょう!不良在庫を抱えるリスクが無いです。

    在庫を抱えるネットショップに比べて「利益が少ない」とイメージしがちですが、そんなことはありません。商材にもよりますが、一つ売れるごとに数万の利益もざらです。

  • 初期投資が圧倒的に少ない:
    PC・ネット環境、ドメイン、サーバー代くらいです。在庫・発送が不要なので、仕入や梱包材などの費用がかかりません。

  • 発送、顧客対応等の負担がない:
    ネットショップでネックになる発送や顧客対応の負担がありません。広告の貼り換えや細かいメンテナンス等の別の苦労はありますが、ネットショップ運営よりは不労所得に近いと言えるでしょう。

【アフィリエイトのデメリット】

  • 商材の種類が限られる:
    アフィリエイトで取り扱える商品はASPの提供しているものに限られます。したがって、必ずしも自分の好きな商品を扱えるわけではありません。(ただ、現在ではASP自体の種類も多く、物販、サービス、情報商材等、商材も豊富で、選択肢は広いです。)

  • 広告主・ASPに依存:
    広告主がその商品の配信を停止した場合は、別の広告を探す必要があります。また、ASPによる突然のルール変更のリスクもあります。

  • やり方によっては印象が良くない:
    アフィリエイトを前面に出して中身のないコンテンツを量産すると嫌われます。ユーザーの役に立つものをしっかり紹介すれば悪い印象は与えないはずです。胸を張ってやれる商売を目指したいですね^^;

結局どちらから始めるべきか

それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、おすすめは下記の通りです。

  • 小資本またはネットビジネス初心者ならアフィリエイト
  • 既に商品が決まっている(もしくは実店舗がある)場合はネットショップ

上述した通り、どちらも一長一短あります。リスクヘッジの意味で、将来的には両方できればベストでしょう。


また、ホリエモンは、ほぼ確実に成功するビジネスの条件として下記の事項を挙げています。

  • 利益率の高い商売
  • 在庫を持たない商売
  • 定期的に収入が入ってくる商売
  • 小資本で始められる商売

  • 扱う商品にもよりますが、上記の条件にはアフィリエイトの方が当てはまるように感じます。

    ヒロスケでした。