ダンボールを小さくする方法【動画まとめ】 | 梱包時のサイズ調整

ダンボールを小さくする方法【動画まとめ】 | 梱包時のサイズ調整

こんにちは、ヒロスケです。

商品を梱包する際に丁度いい大きさのダンボールがなくて困ったことなどはありませんか?

今回は、ダンボールのサイズ調整方法をまとめて紹介します^^

覚えておくと便利!段ボールのサイズ調整方法

ネットショップの商品の種類が増えだすと、色々な大きさのダンボールが必要になってきます。サイズが合っていないと運送料金が高くついてしまいますし、開封時の見た目も良くないです。

手ごろな大きさのサイズの段ボールが用意できない時には、カットしてサイズを小さくする方法を覚えておくと便利です。最初は見た目が汚くなってしまうこともありますが、慣れれば綺麗にできるようになります。

ダンボールの高さを調整する方法

まずは、ダンボールの高さを低くしてサイズを小さくする方法です。

コチラの動画は王道のやり方です。技術が高くてとても勉強になります。たった2分でサイズ調整と梱包が完了。

また、綺麗に梱包するために色々な工夫をしていることが分かります。

  • 綺麗に折り目をつけるために裏面から軽く切り込みを入れている
  • カットしたダンボールの切れ端を上手く有効活用している
  • テープの折り込み方にも気を使っている

ダンボールの横幅を調整する方法

ダンボールの横幅を小さくするのは結構めんどくさいです。多少の隙間であれば、梱包材で埋めてしまう方が結果的に楽かもしれません。

こちらの動画は作業がモタモタしていますが、やり方自体は非常にシンプルで分かりやすいです。

 
下記の動画は作業がスムーズです。やっていることは上と同じです↓

サイズ調整機能付きのダンボール

サイズ調整機能付きのダンボールも販売されています。カットすることなく大きさ(高さ)を変えることができ、簡単で見た目も美しく仕上がるため便利です。

 
写真だとちょっと見えにくいかもしれませんが、赤い点線の箇所などに罫線(折り目)があり、どこで折るかによって箱の大きさを変えることができます。

 
通常の箱型のものも販売されています ↓

愛パック (罫線入) 60サイズダンボール箱 100枚セット 日本製 無地 薄型

新品価格
¥3,996から
(2018/7/1 03:30時点)

2枚の紙袋で綺麗に梱包する方法

2枚の紙袋で梱包する方法です。簡単かつ完成品が綺麗に四角く仕上がって面白いです。

ただ、衝撃に弱いのと、お客さんが開封時に困惑しそうです。ちょっとしたオークションなどで、丁度いい大きさのダンボールがない場合には使えるかもしれませんね^^

おまけ:ネコを梱包する方法

コメント