海外向けネットショップ開業後の売上と、その後の失敗談

スポンサーリンク

海外向けネットショップ開業後の売上と、その後の失敗談

海外向けネットショップ開業後の売上と、その後の失敗談

こんにちは、ヒロスケです。

前回の記事では、仕事を辞めた後のお金の不安について書きました。

今回は、以前に作った海外向けネットショップの開業後の売上と、その後の失敗についてまとめたいと思います。

徐々に売上が上げるように

8月に開業した海外向けネットショップについて、コンサルタントからは、「半年は売れないつもりで」と言われていました。そのため、あまり期待はしていなかったのですが、運のいいことに10月からポロポロと売れるようになっていました。


※ 売上の一部(JPYの売上は国内販売のもの)

海外向けネットショップ開業後の売上

高額商品が売れる

11月になってからはクリスマス前月ということも影響したのか、25万円、10万円と高額商品が売れました。この直前に日銀の黒田バズーカで急な円安になったため、大喜びしたのを覚えています^^;

高い商品は売るのが大変ですが、やはり利益額も大きいです。いざ売れると、国内でちょこちょこ細かいのを売っているのが馬鹿らしくなるくらいです。しかも発送作業は少ない訳ですから、生き残るためには「高い商品を積極的に売っていく必要がある」と強く感じるようになりました。

一方で、高い商品をコンスタントに売るのはやはり難しいですから、足元の生活を安定させるためには、安価商品を多く売ることも必要です。私の収入はまだまだ不安定なので、今は専ら安価商品の販売に注力中です。ただ、個人で「薄利多売」をやるのは地獄の入口なので、「一発送あたり500円以上の利益」を最低基準に設けてやっています。

いずれにしろ、個人が長く食べていくには、高い商品と安い商品のバランスを取りながらやっていくのが良いと考えています。

大改修して大失敗

さて、その後の話なのですが、11月6日に商品が売れたのを最後に、海外向けネットショップを閉店して大リニューアル作業を始めました。

理由は、高い商品がポンポンと続けて売れたことで、興奮してしまったからです^^;

それまで、サイトはHTMLで作成していたのですが、機能の追加や利便化を図ろうとしてワードプレスを導入しました。そうすることで、もっともっと効率的に店を大きくしていけると考えていたからです。コンサルに相談もせず、SEOの設定も一からやり直して、1か月かけてリニューアルしました。

海外向けネットショップ開業後の失敗談

しかし、結果は大失敗。上昇してきていた海外の検索エンジンでの順位も、圏外まで吹っ飛びました。(始めは時間が解決してくれるものだと考えていたのですが、5か月経った2015年3月時点でも順位は復活していません。)重症なのは、自分で原因(修正すべき点)を把握しきれていないということです…。

リニューアルにはかなりの労力をかけていたため、現在は心が折れて完全放置状態。ただ、高い商品も含め、「海外向けネットショップは売れる」ということが確認できているので、また挑戦したいとは思っています。

現在は、海外向けサイトに比べて作成や検索順位を上げるのが簡単な、国内向けネットショップに取り組んでいます。ひとまず安価な商品を扱う国内ネットショップで生活の安定を確保できてから、海外向けネットショップにリベンジしたいと思っています。

教訓

今回の失敗から学んだ教訓は、「上手くいっている時は、成功する確信がない限りやり方を大きく変えるべきではない」ということでしょうか。いまいち原因がつかみきれず中途半端ですが…^^;

あとは、「変に独自の考え方を取り入れようとしない」ことですね。初心者のうちは、コンサルに言われたことをロボットのようにやるのが正しかったと反省しています。

次回は、脱サラ起業後の反省と、成功に向けた目標設定についてまとめたいと思います。

ヒロスケでした。