いよいよ個人事業主に | 退職までの期間にした独立起業の準備

スポンサーリンク

いよいよ個人事業主に | 退職までの期間の独立起業の準備

いよいよ個人事業主に | 退職までの期間にした独立起業の準備

こんにちは、ヒロスケです。

前回の記事では、退職願提出時の出来事について書きました。

今回は退職願を提出した後の気まずい期間と、独立起業に向けた準備についてまとめたいと思います。

退職願提出後の期間

退職願を提出してから有給消化に入るまでの期間はめちゃくちゃ気まずかったです。

6月半ばに退職を伝えたのですが、有給は7月11日から。一通り片付けが終わってからは特段やることもなく、かといって新しい仕事を積極的に引き受けるわけにもいかないので、脱サラした先人たちのブログを読み漁っていました。

ただ、さすがに一日中それをやるとなると段々と辛くなってきます。しかも、そういう時に限って周囲の人たちは仕事が忙しそうだったりするので、余計に居心地が悪かったです。「もう辞める会社なのでどう思われてもいい!」と考えてはいるのですが、中々割り切れるものではありません。

結局、気まずさに耐えかねて有給を一週間ほど前倒しして、7月はほぼ丸ごと休みにしました。今思えば、変に気を使って有給に入るまでの期間を2,3週間設けたのがいけなかったです。辞める時は無慈悲に休みに入るべきです^^;

退職願提出後の期間と独立起業の準備

あと、私は辞める時に職場の人たちに高いお菓子を配って周ったのですが、今思うとこれも無駄な行為でした。辞めた後にどう思われても関係ないですし、退職後はお金が減っていく恐怖と戦うことになるので、他人にお菓子なんて買わずに自分の人生の心配をするべきだったと思います。

引っ越し

7月に入り有給に突入。社宅を引き払い、新しい住居への引っ越し作業を開始しました。

2年間生きていけるくらいの貯金をしていたとはいえ、収入源を確立するまでは日々の出費をギリギリまで切り詰めなければいけません。私はネットショップで食っていくつもりだったので、駅から近い必要も特段なく、できるだけ家賃の安いところに引っ越すことにしていました。

重要視したのは、下記の点くらいでしょうか。

  • 家賃が安い
  • 面積が広い(在庫品等を置くスペースが必要なので)
  • 郵便局が近い(発送やら何やらなにかと便利)
  • ネットがつながる

それほど厳しい条件ではないので、スムーズに物件は見つかりました。新しい住居になるとやる気も俄然湧いてきます。

起業の準備

とりあえず新居に荷物を運びこみ、適当に家具をセッティング。

家賃46,000円。普通に雨漏りとかするボロ家です^^;

<引っ越し直後の部屋>
個人事業主になるための独立起業の準備


デスクやパソコンをセッティング。左のパソコンでニコニコ動画を見ながら、正面のノートパソコンで作業をするスタイルです。

退職までの期間の独立起業の準備


思えば、独立起業の準備をしている期間はすごく楽しかったです。「もう会社に行かなくていい!」という解放感で、毎朝起きるのが幸せでした。まさに冒険に出かける直前のようなワクワクする気持ちです。

同時に、全然お金を稼げていない状態で退職したので、ものすごく恐怖感もありました。時々、不安で呼吸がおかしくなってしまい、リラックスパイポを箱買いして落ち着けていました。

退職後の個人事業主としての独立起業の準備

独立起業に向けてやっておくべきだったこと

いざ退職してみて、反省点がいくつかあります。この時期に独立起業に向けてやっておくべきだったことを挙げてみたいと思います。

開業届の提出

私は個人事業でスタートすると決めていましたが、開業届を翌年3月まで出していませんでした(通常は開業後1か月以内に提出)。

特に文句は言われなかったですが、出した方が気合いが入ります。後述する青色申告承認申請書を提出する方は、一緒に税務署へ提出しておくのがよいです。記入も簡単ですし、登録費用とかもかかりません。郵送でも出せます。

個人事業主のための開業届の書き方(外部サイトへ飛びます)

青色申告承認申請書の提出

私はこれも出していませんでした。「経理が楽だし儲かってないうちは白色申告でいいんじゃね?」くらいに考えていたためです。

しかし、これまで「事業所得等の金額の合計額が300万円を超える場合」に限定されていた帳簿書類の保存義務が、平成26年度分以降、「事業や不動産貸付等を行う全ての方」に改正されました。

私は翌年の確定申告時に初めてそれに気付きました^^; どうせ帳簿をつけなくてはいけないのであれば、節税効果の高い青色申告を選択するのが普通です。

青色申告と白色申告の違いをわかりやすく説明してみた(外部サイトへ飛びます)

ネット環境の整備

何を今さらと思うかもしれませんが、ネットショップをやるにあたってはネット環境の整備は生命線です。

回線工事やNTTとの回線契約には思いのほか時間がかかります。引っ越し経験が少ない私はこのことに気付かず、新居で2週間程ネットを使うことができませんでした。

独立起業に向けモチベーションの高い時に作業ができないのはかなり落胆します。引っ越し後にすぐネットが使えるように、申し込みは早めに済ませておきましょう^^;

海外向けネットショップセミナーに申し込み

同月から、20万円近く払って「海外ネットショップ作成セミナー」を受講し始めました。それまでネットビジネス系の商材やコンサルに怪しいイメージを抱いていたので、おっかなびっくりでしたが、海外販売に非常に興味があったので申込むことを決断しました。

次回はその海外ネットショップセミナーで学んだことをまとめていきたいと思います。

ヒロスケでした。